かなふくな日々ブログ

ホーム > かなふくな日々ブログ

【お知らせ】1日葬特別プラン 生花祭壇デザイン変更

皆様こんにちは。かなふく鈴木でございます

 

最近、急速に増えている葬儀スタイルの「1日葬」

 

斎場の方に伺うと「どの葬儀社も通夜無しって増えてるよ~」との事です。

 

つまり当社だけではなく、世間一般の流れのようです。

 

一時メディアでよく「直葬(火葬式)」が都市部を中心に急増などと取り上げられている時は そのご依頼が増えておりましたが、同じく1日で完結させる「1日葬」は「直葬(火葬式)」と違い、式場を使用し祭壇を飾り 時間をかけてお別れが出来るという点に優位性を感じ選ばれる方が多いようです。

 

費用を抑えられるとはいえ、「直葬(火葬式)」とは数段かかる費用が上がってしまう「1日葬」なので、皆様に少しでも喜んで頂けるようにと今回 1日葬特別プラン【24.9万円】に含まれる基本生花祭壇をデザイン一新させて頂きました

 

こちら

 

1日葬特別祭壇(新)

◇cl ick↑◇

 

この基本生花祭壇で十分立派な1日葬を執り行う事が可能でございます。(色合いの変更可能)

 

常にお客様が求めるサービスの充実に取り組んで参ります。

 

 

葬儀のかなふく(株式会社 神奈川福祉葬祭)

鈴木 隆

 

 

 

骨壺の大きさについて【動画|葬儀の豆知識】

骨壺(収骨容器)・・・その大きさは様々ございます。

 

今回はその大きさと用途についてご説明いたします

 

 

 

 

ご葬儀に関するご質問は 0120-82-0333 までお気軽にご相談ください。

 

低価格で充実の葬儀 ”葬儀のかなふく”(株式会社 神奈川福祉葬祭)担当:鈴木

【葬儀屋 社長のブログ】”一人企画会議”

今日は企画会議です(一人で

 

お式に使う祭壇の写真廻りを「アップグレードしてみないか?」と自分に問いただし、了承の末すぐに実行

 

問題はこの部分↓

 

DIY

 

なんかないかなぁ~。。と思い、満場一致で自作する事に。。。

 

ホームセンターに買い出し後、作業開始

 

まずはプラ板をPカッターで切ります。

 

行程1

 

3枚用意します。

 

行程2

 

そして、これを接着します。

 

グルーガン

 

グルーガン?と言うものらしいです。初めて使用します

 

行程3

 

下駄状にして。。。

 

行程4

 

見栄えのするシールを張ると。。。

 

完成2

 

出来上がり

 

完成1

 

こんな感じで近日中にデビュー予定です。

 

企画・立案から決定・準備・作業終了までおよそ2時間。

 

軽微な事や重要な事まで全部この”一人企画会議”で決定しております

 

こんなスピード感でやってます。。。

 

葬儀のかなふく(株式会社 神奈川福祉葬祭)

鈴木 隆

お焼香について【動画|葬儀の豆知識】

皆様こんにちは。葬儀のかなふく鈴木でございます

 

仏式での葬儀の場合、お参りの方法は”お焼香”です

 

今回は「お焼香について(超初級編)」と言う事で動画を撮ってみました

 

 

 

 

ご葬儀の関するご相談は 0120-82-0333 までお気軽にお問い合わせください。

【葬儀屋 社長のブログ】”心の不景気”

皆様こんにちは。葬儀のかなふく、鈴木でございます

 

 

最近では様々な葬儀スタイルがあります。

 

火葬だけでお送りする、”直葬”や”火葬式”

 

火葬式

 

通夜は行わず、葬儀・告別式を1日で執り行う”1日葬”

 

家族・親族等近しい方でお送りする”家族葬”

 

また、今申し上げた葬儀スタイルで宗教者を招かずにお送りする”無宗教葬”

 

皆さま色々な理由で、様々な葬儀スタイルを選ばれております。

 

 

ご入院期間が長く、多額の病院代がかかってしまい 経済的な事情で葬儀は簡素なもので執り行いたいと要望されるお客様も少なくありません。

 

この”葬儀”というものは頻繁に行うものではありませんから、毎月の生活費の中で常に予定をされているものではありません。

 

したがって あくまで生活費以外のプールされているお金を費用に充てる方が多いと思います。

 

少子高齢化で、ひと昔前の様な経済成長は望めない また先行きが不透明な世の中でございます。

 

盛大な葬儀を無理して行う時代ではありません

 

参列される方一人一人が 心に真心と言う名の花束を持ち寄って、ご縁やご恩のある方に最後のお別れを告げられればいいわけですから、当然カタチにこだわる必要はありません。

 

長く不景気が続いている世の中ではありますが、心の不景気にはならない様にしたいものです

 

 

 

 

葬儀のかなふく(株式会社神奈川福祉葬祭)

代表取締役 鈴木 隆

【葬儀屋 社長のブログ】各葬儀社さんの葬儀プランについて思う事

皆様こんにちは。葬儀のかなふく鈴木でございます

 

インターネットで葬儀について検索しますと沢山の情報が出てまいります

 

様々な葬儀社さんが色々なプランをHP上で公開されてますが、私なりにちょっとご説明してみたいと思います。

 

葬儀プランは大きく分けて、最低限必要と思われるものをパックにした基本プランをベースに状況や要望に応じた物品やサービスを追加していく”積み上げ方式で表している葬儀プランと、最低限必要な物に加え あらかじめ『これぐらいはどうしてもかかるでしょう』と思われる物品やサービスを加えた”定額プラン”があります

 

見た目の金額に大きな差があり、消費者の皆様はつい”安い方”に目が行ってしまいがちですが、”積み上げ方式”のプランでは多くの場合追加の料金が必ずありますので、最終的にどれぐらいの金額がかかるか見積もりを必ず取る必要があります

 

また、追加費用のかからない”定額プラン”でも、『これぐらいはどうしてもかかるでしょう』の部分が各葬儀社さんによって大分違いますので、含まれる内容をひとつひとつ比べる必要があります

 

どちらにもメリットとデメリットがございますので、まずは皆様が思う(考えている)葬儀をできるだけ具体的にイメージをし、その内容にあった事前見積もりと相談をしておくと良いでしょう。

 

ポイントはその見積もりで実際に執り行う事ができるかどうかです。

 

ご希望の斎場が慢性的に混みあっており、通常5日~7日程度お持ちいただくことが分かっていながらドライアイスや安置所利用料が3日分しか入ってないとか、祭壇が小さすぎて実際に依頼した後の打ち合わせで『この基本祭壇ではお花が少ないのでグレードアップをお勧めします』なんて言われたり・・・

 

一口に”家族葬”と言ってもその種類と内容は多種多様です

 

『少しでも費用を抑えたい』という方もいれば、『お母さん、お花が好きだったからお花はできる限り沢山飾ってあげたい』という方もおられます。

 

また、『お父さんは気遣い屋さんだったから、父に代わって来てくださった方に美味しいお料理でおもてなしをしたい』という方もいらっしゃいます。

 

大切なのは、事前にできるだけ具体的に希望の葬儀をイメージする事です

 

そしてその内容で具体的に見積もりを出してくれる葬儀社を探す事。

 

メールや電話での相談だけではなく、実際に担当者と会って人柄を確かめるのも必要だと思います。

 

多死社会の現在、沢山の葬儀社が乱立してます。志を持った葬儀社もあれば、完全にビジネスと割り切った会社もあるかと思います。

 

大切な人の最期を飾る”お葬式

 

送り出す方は非常に大変だとは思いますが悔いの残らない様 十分下調べをして頂いて、大切な方と一緒に居られる時間を、思い出を、沢山残して頂ければと思います。

 

祭壇1

 

 

葬儀のかなふく(株式会社 神奈川福祉葬祭)

代表取締役 鈴木隆

1 / 1012345...10... »