かなふくな日々ブログ

ホーム > かなふくな日々ブログ

かなふくメモリアルルームのご案内

こんにちは。かなふく鈴木です

 

最近では、故人様を葬儀社にお預けになられる方が多いです

 

住宅事情やご近所に知られたくない・・・等、安置所をご希望される方の理由は様々です

 

弊社では24時間受け入れ可能の安置所”かなふくメモリアルルーム”を完備しております。

 

メモリアルルーム

 

あらかじめご相談して頂ければ、ご面会は夜間でも対応しております(1回30分/前日に要予約)

 

メモリアルルーム1

 

葬儀社によっては安置所利用料の他に、ご面会ごとに1回3,000円~5,000円程度の費用がかかる所もありますが 弊社ではお預かり料(1日/3,000円)のみで対応可能です(一葬家/1日2回まで

 

メモリアルルーム2

 

また、家族葬・火葬式それぞれ特別プランにはメモリアルルーム利用料(安置所利用料)はお式までの全日分が含まれております

 

是非、ご活用頂ければと思います。。。

 

 

お問い合わせはフリーダイヤル0120-82-0333までお気軽にご相談ください。

 

24時間、ご相談無料でございます。

 

【かなふく鈴木】

返礼品について

返礼品・・・お香典に対するお礼(お香典返し)や会葬御礼品(お式に足を運んで下さった方にお配りする物)の事です

 

最近では家族葬が主流ですが、お香典を頂いた方にはやはりお礼が必要です。

 

返礼品

 

以前はお茶や海苔が多かったのですが、最近は様々な種類の中から自由にお選び頂けます

 

金額も様々ですが、目安としては半返しと言って香典の半額程度をお返しするのが通例です。

 

家族葬の場合、ほとんどが親族ですのでお香典の金額も高額の方が多くなります。。。

 

したがって即返し(当日返し)の場合、3,000円~5,000円程度の商品をお選びになられる方が多いです

 

 

 

また、お香典返しの他にご用意するのが”会葬御礼品”

 

会葬品

 

こちらはお香典の有無を問わず、お式に足を運んで下さった皆様にお配りするものです

 

お値段は300円~500円程度の物を選ばれる方が多いです。(こちらに礼状とお塩が付きます)

 

来られた方への交通費代わりのようなものですね。。。

 

 

 

 

お香典のお返しの仕方は二通りありまして、当日その場でお返しする”即日返し”と、後日お香典の金額に応じてお返しする”あと返し”があります

 

それぞれメリットとデメリットがありますが、”即日返し”のメリットと致しましては・・・

 

【その場でお返しするので手落ち(漏れ)が無い】

 

デメリットは・・・

 

【一律の商品(一律の金額の物)をお返しするので高額の方には 結局あと返しが必要】

 

となります。

 

かわって”あと返し”のメリット

 

【お香典の金額に応じて後からお返しするので1回で済む】

 

デメリット

 

【個別にお送りするので、それぞれに送料がかかる】となります。

 

また、あと返しの場合後からお返しすると言っても当日何もお渡ししないと失礼になりますので会葬御礼品だけはご用意されるとよろしいかと思います

 

 

商品は少し多めにご用意しておいて、使用した分のご精算となり 返品が可能なので無駄はありません

 

当社では弊社カタログからお選び頂ければ会葬礼状と清め塩は必要分をサービスさせて頂いております

 

ご参考にしてみて下さい。。。【かなふく鈴木】

曲録(きょくろく)修理 その2

はい、続きです

 

パテが乾きましたのでペーパー掛け

 

曲2

 

その後は塗装

 

ここまでくると楽しい楽しい

 

曲3

 

 

何度か重ね塗りして。。。

 

曲4

 

乾けば完成です

 

曲1

 

まだまだ使えますよ~

 

 

 

以上、かなふくの「曲録修理、できるかな」でした

 

 

 

 

 

 

 

 

来週はコレを作ります↓

 

曲5

(葬儀関係なくなっちゃってる)

 

曲録(きょくろく)修理

みなさま、こんにちわ。

 

かなふく鈴木です

 

曲録(きょくろく)・・・お坊さんの座るイスなんですが、

 

曲ろく1

 

・・・割れてます

 

弊社創業当時よりこだわっております低価格でのサービス提供の為、企業努力として自力で修理

 

 

曲ろく2

 

まずは木ねじを打って接続

 

曲ろく3

 

後は金属用ヤスリで飛び出している部分をひたすら手で削ります

 

(グラインダーが無いもので根性で・・・

 

曲ろく4

 

ツライチまで。。。

 

曲ろく5

 

その後木製品用パテで修復作業

 

乾くのに2日ほど置きます。。。

 

 

 

 

形あるもの、いつかは壊れる(失われる)・・・。

 

自然の摂理でもあります。

 

何にでも執着は禁物ですね。

 

諦めではなく受け入れる

 

そして考える。。。行動する。。。

 

 

今日はここまで

 

2018年 スタート

明けました

 

2018年元旦は八王子市へのお迎えからスタートです

 

本日、1月2日は2件の役所届へ

 

P1020307

 

まずは相模原市緑区役所

 

P1020308

 

イメージキャラクターのミウルくんも健在です

 

2件目は相模原市南区役所

 

P1020312

 

休日窓口の職員さん、お正月からお疲れ様で御座います。。。

 

P1020315

 

相模の大凧が堂々と飾られております

 

 

昨年は244件のご葬儀のお手伝いをさせて頂きました

 

年々葬儀の規模は縮小傾向ではございますが、大切な故人様を敬い・お別れを惜しむ気持ちは変わらないと思います

 

少しでも良いお別れのお手伝いが出来る様、本年も気を引き締め更なる前進の年にして参りたいと思っております

 

旧年中は新しくお声をかけて頂いた方、また2度3度とご葬儀をお任せ頂いた方、大変有難うございました。

 

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

 

P1020317

 

平成30年1月2日

 

㈱神奈川福祉葬祭 代表取締役 鈴木隆

 

 

 

 

P1020310

 

 

追伸:ご協力頂いております関係各所の皆様、大変お世話になりました

 

今年も全力で参ります

 

 

生前に遺影写真撮影

こんにちは。かなふく鈴木です

 

先日テレビを見て知ったのですが、生前に自分が残したい遺影写真を撮影する方が増えているそうです

 

すかさず実家へ電話をし、

 

私:「いやならいいんだけど、今のうちに遺影写真撮っておく?」

 

母:「うん、いいよ」と言う事で行ってまいりました

 

相模原市中央区中央にございます「フォトストーリー」さん。

 

母写真館

 

代表の池谷さんに相談した所、快く受けて頂きました

 

やはり最近そういう方が多くいらっしゃるそうです。

 

写真母

 

メイクをしてもらって少し緊張気味の母80才

 

上手に撮って頂いて満足したみたいです

 

今回勉強になったのは、

 

①複数撮ってもらった写真を自分で選ぶ事ができる事(これなら残しておこうと思う事)

 

②用意してあるのでその時が来ても家族が遺影写真で迷わない事。

 

③そして何より これをきっかけに「お母さんはどんなお葬式をしてもらいたいの?」と自然にコミュニケーションが取れる事が良い事だと思います。

 

誰にでも訪れる人生の最期を見送る側・見送られる側双方を前向きにさせてくれた1日でした

 

 

 

追伸:でも長生きしてね。。。

 

 

 

4 / 8« ...23456... »