かなふくな日々ブログ

ホーム > かなふくな日々ブログ

お料理について

◇葬儀においてのお料理の考え方◇

 

皆様、こんにちは。かなふく鈴木です

 

本日はお料理についてです

 

簡単に言いますと、お通夜の時にご用意する料理を「通夜振舞い」、葬儀の日にご用意する料理を「精進落とし」と言います

 

参列者へのお礼とお清めの意味があり、故人を偲びながら思い出を語らう供養のお席となります

 

最近では家族葬が主流ではございますが、「せっかく足を運んで下さったご親戚の方にお腹を空かせたまま帰らせるのはちょっと・・・」という方が多いのでお振舞い(お料理)をご用意される方は多いです

 

お通夜の日は大皿料理で振舞うのが一般的で・・・

 

お料理1

 

1食3,000円程度から。セットメニューが分かりやすいのでご参考になさって下さい

 

一方、精進落としは銘銘にお膳をご用意される方が多いです

 

お料理2

 

こちらも3,000円~4,000円程度。。。

 

陰膳といって故人(仏)様用にひとつ余分にご用意される方もいらっしゃいます

 

お飲み物は使用した分のご精算となり、無駄はありません。

 

また、葬儀の日は火葬が終わってから料理屋さんへ移動してゆっくりもてなしたいと希望される方もおられますので、お客様のご要望をお聞かせ頂ければと思います

 

ただ、火葬が終わってからとなると移動の時間と合わせて食事の時間が必要になりますので長時間の拘束となり、お時間の緩和と致しまして火葬中のお時間(ちょうどお昼時)を利用して全てを斎場で完結したい方(合理的と申しましょうか)が多いかと思います

 

考え方は人それぞれだとは思いますが、ご参考にしてみて下さい【かなふく鈴木】

返礼品について

返礼品・・・お香典に対するお礼(お香典返し)や会葬御礼品(お式に足を運んで下さった方にお配りする物)の事です

 

最近では家族葬が主流ですが、お香典を頂いた方にはやはりお礼が必要です。

 

返礼品

 

以前はお茶や海苔が多かったのですが、最近は様々な種類の中から自由にお選び頂けます

 

金額も様々ですが、目安としては半返しと言って香典の半額程度をお返しするのが通例です。

 

家族葬の場合、ほとんどが親族ですのでお香典の金額も高額の方が多くなります。。。

 

したがって即返し(当日返し)の場合、3,000円~5,000円程度の商品をお選びになられる方が多いです

 

 

 

また、お香典返しの他にご用意するのが”会葬御礼品”

 

会葬品

 

こちらはお香典の有無を問わず、お式に足を運んで下さった皆様にお配りするものです

 

お値段は300円~500円程度の物を選ばれる方が多いです。(こちらに礼状とお塩が付きます)

 

来られた方への交通費代わりのようなものですね。。。

 

 

 

 

お香典のお返しの仕方は二通りありまして、当日その場でお返しする”即日返し”と、後日お香典の金額に応じてお返しする”あと返し”があります

 

それぞれメリットとデメリットがありますが、”即日返し”のメリットと致しましては・・・

 

【その場でお返しするので手落ち(漏れ)が無い】

 

デメリットは・・・

 

【一律の商品(一律の金額の物)をお返しするので高額の方には 結局あと返しが必要】

 

となります。

 

かわって”あと返し”のメリット

 

【お香典の金額に応じて後からお返しするので1回で済む】

 

デメリット

 

【個別にお送りするので、それぞれに送料がかかる】となります。

 

また、あと返しの場合後からお返しすると言っても当日何もお渡ししないと失礼になりますので会葬御礼品だけはご用意されるとよろしいかと思います

 

 

商品は少し多めにご用意しておいて、使用した分のご精算となり 返品が可能なので無駄はありません

 

当社では弊社カタログからお選び頂ければ会葬礼状と清め塩は必要分をサービスさせて頂いております

 

ご参考にしてみて下さい。。。【かなふく鈴木】

返礼品

こんにちは。かなふく鈴木でございます

 

 

返礼品とは、ご葬儀に出席して頂いた方にお渡しする『お礼』です

 

 

一般的にはお茶やのりが多いのですが、最近では洋物と言われるクッキーやパウンドケーキなども好まれるようになってまいりました

 

 

そんな中、故人が思い出されるような物やご遺族様のお心遣いが現れる物をご自身でご用意される方もおられます

 

 

P4232829

 

 

あの『鳩サブレー』

 

 

お葬式用だそうです(衝撃)

 

 

 

 

普通の包装は黄色ですが、ちゃんとグレー(薄墨?)になっております

 

 

こう言う ご弔問の皆様に何を渡そうかな?と思いをめぐらせる事や、手間暇かけて準備をするのも残されたご遺族ができるご供養のひとつなんでしょうね。。。

 

 

 

 

 

※現在弊社では、返礼品のお持ち込みはお断りさせて頂いております。ご理解の程宜しくお願い致します。

 

【かなふく鈴木】

【合祀の永代供養墓のご紹介】

先日は、横浜市にございます合祀の永代供養墓を見学して参りました

 

 

 

『合祀(ごうし)』とは、個別に埋葬するのではなく、他の方と一緒に埋葬(合葬)する事をいいます

 

 

最近では、

 

①お墓の継承者がいない

 

②家にお遺骨を持っている

 

③子供や孫に負担をかけたくない

 

 

等の理由から、ご利用をお考えになられる方も多いです

 

 

弊社で葬儀のお手伝いをさせて頂いた方も、お墓の事で悩んでおられる方が少なからずいらっしゃいます

 

 

 

海洋散骨や納骨堂、永代供養など現在では様々な様式がございますが、それぞれに合ったご供養の方法をお選びになられるとよろしいかと思います

 

 

 

費用は各施設・供養方法によって違いがございますが、下記に一例をご紹介いたします。

 

合祀の永代供養墓(過去の宗派不問)

 

埋葬料・永代使用料・永代供養料・永代管理費用すべて含めて、

 

1柱:35,000円(以後の費用は一切かかりません)

 

 

まだ細かい所まで完成しておりませんので、ここで詳しくご紹介はできませんが とてもロケーションの良い環境にあります

 

 

 

石碑にお花やお線香をお供えしたり、お参りする事も可能です

 

 

眼下に広がる田園風景。

 

 

詳しくお知りになりたい方は、弊社フリーダイヤル 0120-82-0333 までお気軽にお問い合わせください。

 

 

外観

 

 

株式会社神奈川福祉葬祭(担当:鈴木)