初めての方へ

葬儀後に行う事

やっと一息。でもまだやることは沢山あります。
神奈川福祉葬祭では、葬儀後のサポートも承ります。
葬儀が無事終わり、ほっと一息できるときです。緊張していた気持ちももようやく解き放たれ、残された遺族の間にも少しづつ笑顔もでてくるでしょう。 しかし、葬儀の儀式は終わったとしても、仏壇、お墓、様々な葬儀後の事務手続きが待っています。 この辺のお話も、親族が集まっているこの機会に、ぜひ話し合いしておいたほうがよいでしょう。 当社では、ご葬儀後も専門担当者が、様々なご相談、細かなアドバイスをお客様の立場に立ちサポートさせて頂きますのでご安心ください。

お香典の整理

これは葬儀後にやってくる大きな大きな仕事です。葬儀当日に受付の方がチェックはしているものの、お香典帳と金額が合わなかったり、住所未記入・文字が見えないetc・・・とか。けっこう大変な作業です。
【香典返し】や【喪中ハガキ】のリストになるものですから、しっかりと整理したいものです。
パソコンができる方にお願いし、エクセルデータにまとめておくのもおすすめです。

 

【香典返し】を依頼するデパートなどの業者に、香典帳を渡すと、後日 エクセルデータにしてもらうサービスもございます。
詳しくはデパートなどの各業者にお問合せください。

 

m10_img01

仏壇・本位牌(黒塗り)

・仏壇の種類は多種多様あります。
 現代の家庭環境にあった家具調現代仏壇も数多くあり、選択肢が広がっています。 値段も5万円~あります。

 

・白木の位牌は、お寺さんにおさめますから「黒塗り」か「唐木」の本位牌を用意します。

 

m10_img01_1

お墓

お墓は、場所や費用も考慮しなければならず、新しくお墓を求める方 にとっては非常に厄介な問題です。
それではお墓が無い人はどうすればよいのか?東京のお寺さんのお 墓は高く、公営墓地も何倍もの競争倍率。
民間墓地になると郊外へと探さなければならず、時間もかかります。
弊社では、お客様のご希望の場所・ご予算のお墓探しの相談も承っております。お気軽にご相談ください。

 

m10_img02

忌明け法要(四十九日法要)

1)日時を決定
・葬儀が終わったらすぐに日時を決定いたします。
 49日前の土日が多いようです。平日は皆さん仕事ですから・・・。

 

2)参列者の人数把握
・法要案内状が一番丁寧ですがご親戚の方中心なら電話でもかまいません。
とにかく参列者の人数を把握します。

 

3)会食の準備
法要後の会食の準備をします。お寺さんで召し上がる場合はお寺さんにその旨を伝えます。
お寺さんではなく、別のこぎれいなところで・・・とお考えの方は、なるべく移動に手間取らない場所をさがします。
大きい料理屋さんはバスもってますが、料理の値段も高いです。いろいろな条件を考慮しましょう。

m10_img03

葬儀後の事務手続き

大きく分けて下記のような手続きに分けられます。いずれも早めの手続きが良いのですが、必要書類を求められる場合が多いので、まずは提出先(ほとんどが役所)に確認の上、役所を行ったり来たり無駄のないように注意したいものです。
この『葬儀後の必要手続き一覧表』をみると、たくさん手続きが多く感じますが、実際は全部が必要とは限りません。
ご不明な点等ございましたらお気軽にご相談ください。

 

m10_img05

 

m10_img06